160510_memo

・モデルの表面粗の測り方について(ひとつの閉じたポリサーフェスにする必要がある)
・小木で表面粗だけでなく、冗長で反?表面粗、あるいはその中間のものもありなのかどうか
・surface roughnessの定義をどうするか
 →体積に対する、(外気に面する)壁と軒天の表面積の割合
・roughnessとnetwork compactnessの定義について.誰にとって最適なのかを考える必要がある
・どうやってevaluationにもっていくかを考える
・regulationをどうするか (site boundary, foot print (area or volume), height limit, useful rooms等)
・fitnessはgalapagos(GA, SA)を利用する
・次回に向けて
 敷地の情報や既存の計画についてまとめる
 generationのルール(フローチャート)を考える
今日のレクチャーの簡単なメモです.おかしな箇所や追加するものがあったら編集していただけると幸いです.
佐伯

Comments are closed.